2011年3月21日月曜日

東日本大震災:石原老人の強い味方

_

● シーシェパードの揚げる海賊旗を模した旗


 天罰教のツヨーイ信者が出てきた。


livedoor ニュース 2011年03月20日15時55分
提供:YUCASEE MEDIA (ゆかしメディア)
http://news.livedoor.com/article/detail/5428437/

シー・シェパード代表が「津波は天罰」と発言

 反捕鯨活動などを行う団体「シーシェパード」の代表、ポール・ワトソン氏が、日本の東日本大震災は「天罰である」と発言している。
 イルカの調査で岩手県を訪れたメンバーが被災したものの日本人被災者に助けられていた同団体。
 まさに、恩を仇で返すかのような発言は、大きな波紋を呼ぶことになりそうだ。

 ワトソン氏は、フェースブック上で先週末に「Tsunami」というタイトルで次のように書き込んでいる。

Neptune’s voice rolled like thunder thru the sky
Angrily he smote the deep seabed floor
From the shore echoed mankind’s mournful cry
……The sea rose up and struck fast for the shore

From out of the East with the rising sun
The seas fearful wrath burst upon the land
With little time to prepare or to run
Against a power no human can stand

 つまり、ネプチューン(海の神)が怒り、人間の力ではどうすることもできないほどの津波が引き起こされたということをポエムとして書いているのだが、その対象が日本だということは明白だ。

 環境団体グリーンピースを脱退し1977年にシーシェパードを設立したワトソン氏。
 その後は特に日本に対して、執拗に過激な攻撃を繰り返してきた。

 11日には船長スコット・ウエスト氏らの一団が岩手県・大槌町でイルカの調査をしているところに津波に直面した。
 だが、そこでに日本人被災者から食糧を分け与えられ、さらには、宿地までの車まで手配してくれるなどしたことで、ウエスト氏は日本人の親切心に感心していた。

 ワトソン代表の真意は、このポエムの文面だけではわからないが日本への好意的な感情は見えてこないことだけは確かなようだ。


 シーシェパードを調べてみる。
 Wikipediaより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89




 シーシェパード (Sea Shepherd Conservation Society) は、「生態系と生物種の保全」を名目としたエコテロリスト団体のひとつであり、暴力主義的破壊活動を手段のひとつとして、「『世界の海洋における野生生物の棲息環境破壊と虐殺の終焉』を目指して活動する」ことを標榜する国際非営利組織である。
 各国の警察組織によりテロ団体として指定・監視されている。
 アメリカ合衆国ワシントン州フライデーハーバーに本部を置く。


 旗がいいですね、なんとなくワンピース風。
 石原老人にも強い味方が出現したようです
 シーシェパードがワンピース風なら石原老人は?
 そうですね、「もーれつア太郎」に出てくる、やたらと拳銃をぶっとばす日本で唯一の
 私設交番のおまわりさん
かな。
 なんとなくイメージが似ている。



 
 次のツヨーイ味方はこの方。

YOMIURI ONLINE  2011年3月21日11時20分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110321-OYT1T00283.htm

大阪府議会議長
 「この地震が起こってよかった

 4月1日告示の大阪府議選に立候補予定の自民党の長田義明・府議会議長が、20日に行われた事務所開きで、東日本巨大地震に触れ、
 「大阪にとって天の恵みと言うと言葉が悪いが、本当にこの地震が起こってよかった」
と発言していたことが分かった。

 橋下徹知事は大阪湾岸にある府咲洲庁舎(旧WTC)に庁舎を全面移転させる構想を持つ。
 しかし、地震で咲洲庁舎のエレベーターや壁の一部などが損傷し、防災拠点にふさわしいか再検証する考えを示している。

 全面移転に反対の立場をとる長田氏は、あいさつで移転問題に言及して
 「よかった」
と発言。
 「橋下知事の考えが間違っていたことが示された」
などと話したという。

 長田氏は取材に
 「会場では黙とうもしており、被災者を思う気持ちはみんなと同じ。
 ただ、発言は不謹慎で、言ったことが悔やまれる」
と話した。


 東京に続いて大阪でも。
 天罰教が流行り始めている
 日本全体が天罰教になるのだろうか。
 教祖の石原老人はニンマリしていることだろう。

 「話の前後のいきさつで、
 つい本音が出てしまった
反省しております」
 ということなのだろうか。

video




== 東日本大震災 == 



_